×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自衛隊 お見合いパーティ カップリングパーティ

Image Replacement

自衛隊との結婚生活の悩み

1 訓練中に連絡が取れない
自衛隊との結婚生活でもっとも大きな悩みは訓練中に連絡が取れないことだろう。訓練中はもちろん、それ以外でも携帯電話の通じないところにいることももしばしば、いざと言うときに連絡がとりずらいという悩みは多い実際の緊急時などは自衛隊は真っ先に召集されてしまうので、家族より市民を優先し守ってくれるをする職業なのである。日常生活でも子育てなどでつらいときに相談できない寂しさが大きくそれが原因のトラブルはある

2 転勤が多い
せっかくなれてきた結婚生活、子供も学校になじみ始めた頃に自衛隊員は昇進・職場変更などで転勤を余儀なくされる。これは海上・航空・陸上のどこでも頻繁。銀行なども転勤が多い仕事ではあり、自衛隊に限らずだが、なじみの土地から離れるのがつらいという悩みも自衛隊との結婚生活でよく聞かれる。一応本人の希望も通るのらしいが意欲的に出世コースを選びたい場合などは転勤はやむなしと覚悟しておいた方がよいかもしれない。

3 仕事の付き合いが限定的
同種の職業で固まってしまうのは自衛隊員に限らずどこの業界でもあることだが、自衛隊員との結婚生活でも、他業種との交流があまりなく、横の関係が広がりにくいという悩みもある。一般企業では企業間同士の付き合いや社内サークルなど企業側も努力して交友関係を広げ、人脈作りにいそしむが、自衛隊は人脈作りというのに重点を置かない職業のためどうしてもこの辺はむずかしいようである。ただし、駐屯地によっては外国人との付き合いが多いため、国際的な付き合いが広がったりするというメリットもある。上官は英語が必須なので、社交パーティなどに出席したりする一面もある


自衛隊パーティの流れ